2015/04/20

『実態調査 全国赤線青線地区総覧』(昭和29年)

〝甲府「旅館布団より肉布団…甲州娘はブドウより味がよい…」〟
昭和29年にリリースされた『実態調査 全国赤線青線地区総覧』を復刻。

・編者:中村三郎
・復刻編集:渡辺 豪
・復刻発行:カストリ出版
・仕様:A5判変形 / 64ページ / 中綴じ

>>直販ストアで購入
>>電子書籍で購入

全国を〝股〟に掛けた赤線と青線の実態調査

 現代と較べればまだまだ移動手段や通信手段の未成熟な敗戦直後〜昭和30年中盤以前に色街を調査した著作は、赤線や歓楽温泉境ですら『全国女性街ガイド』のようにほんの数える程しかない。まして青線という当時としても完全にアンダーグラウンドの世界を切り取ろうとした記録は極めて稀である。

全国各地の赤線街と青線街の特徴、料金体系、女の味を総まくりにまくり、その奇異さたるやご想像頂けるだろう。

主要な収録内容は以下

全国主要赤線地區案内

北海道から九州まで有名どころ、トピック的な赤線地帯が紹介されており、女と店の特徴は当然ながら、とりわけ屋号など現在において赤線調査を行う上で貴重なカギになり得る記述が多く見られる。

取材された時代も絶妙なタイミングで、今では有名な大阪飛田新地の料亭「百番」が、まだ現役の妓楼で「桃山閣」という屋号で営業していた頃のサービス内容も掲載。有名どころの他、因の島や奄美大島など、かなりのレアなスポットについての記述も見逃せない。

全国青線地區めぐり

 こちらはグッと猟奇的な響きを帯びてくる記事。都内では、新宿花園神社(今のゴールデン街界隈)にあるバーの二階、新宿旭町(現4丁目)や山谷のドヤ、上野や渋谷駅周辺など、いわゆる素人売春のはしりなど。

全国的に、遊郭に対しての岡場所、赤線に対しての青線など、いつの時代にも必ず非合法なモグリ営業があったとはいえ、それらを全国縦断して纏めたものであるから前代未聞という外ない。

ナンバーワン御紹介

 全国各地の赤線地帯から5人のナンバーワン・ミス女給を選出する、というこの時代だからこそなれば許された企画…。赤線と勤める店舗名、まさかの女の実名(源氏名)まで掲載。

東京都赤線主要街一覧表・全国赤線主要街一覧表

 「東京都赤線主要街一覧表」は、都内都下の赤線地帯を表としたもの。営業者数(店舗数?)、女給数、特徴、価格体系、交通手段などコンパクトに纏められている。例えば小岩の赤線「東京パレス」欄では、料金体系をチケット制としており、実地調査無くしては知りえない内容なども掲載。

「全国赤線主要街一覧表」は上記の全国版。

変り種遊女銘々伝

 変わった性行・性癖を持つ赤線女給の紹介文。一貫して読み物の体裁で面白おかしく綴ってはいるものの、吉原組合長の成川という実在した人物の名前も登場。

戦後売春史のキーマン、中村三郎

 先般復刻した『白線の女』編者、中村三郎。この中村が当著でも編者を務めている。

 まだまだ知名度が低い印象のある中村だが、戦後、売春防止法容認へ世論が流れていく中で、実に興味深い活動テリトリーを持っていた人物である。

 売春防止法施行を僅か4ヵ月後に控えて、街娼を主とした白線の女たちからの証言をエピソード調に纏めた『白線の女』の発行についても、「赤線が廃止された後、働き場をなくした女たちは果たしてどうやって生きていくのか?」を問うための企画だったが、中村は必ずしも肩の凝るような企画ばかりではなく、今回のようにカストリ雑誌の一企画に参加するなどの動きも見せている。

 戦後活躍した無名の売春史研究家、中村三郎が記した雑誌記事としては恐らく最大のボリュームとなる当著が、赤線青線だけではなく、中村三郎という人物の再評価・再定義に繋がることを期待したい。

>>直販ストアで購入
>>電子書籍で購入